備 考:
事業計画書は具体的に
事業計画書パッケージ事業計画書式集をご参照下さい。

事業計画と云われても
多くの社長は「聞き流す」だけです。「ウチの税理士」がやれるとタカを括っていても実際にプロの「事業ソフト」の導入と実践と実績(全国で1,000社程度なんです)がないと、実務対応は不可能です。以前は儲かり難い商売だったものですから…。事業計画は先見経営・先行管理の経営上のキーワードです。
企業再生(事業再生)の企画には、
 
① 事業リストラ
 ② 業務リストラ
 ③ 財務リストラの作業領域があります。

①事業リストラでは、
 「コア・ビジネス」の選り分け、
 例えば本業外の「不動産」部分の伐分。
 同時に「理念」の見直しが重要です。
 「企業再生『生還』に役に立たない理念」は
 見直しが第一の仕事です。


②業務リストラでは、
 企業再生に焦点をあて、業務の無駄や節約漏れを見直します。

③財務リストラには、
 決算申告書、CF計算書(キャッシュフロー)、
 事業計画書を、幅広く解析します。
 そして最終的には、銀行が承認すうる
 底堅い『事業計画書』へと結論づけて行きます
企業再生は、テクニックだけでは叶わない!
中小企業には「社長の思い入れが
ある」
「思入れ」を今まで通り「正常域」に…

つまり、社長の思いと社長流の表現を、
銀行に通じる「金融言語」に通訳する
認定支援機関の支援は、ここから始まる!
その翻訳書が「事業計画書」の体系です!
Copyright(C): 2014-, AACCX INC., e-mail: dogami@taxes.jp, All rights reserved.
企業再生は国の重要政策なんです。
経営は、経営企画面で、まず社長の「地域「No.1-Only.1」への専門特化」の再確認と、具体的な取組みが入口(戦略理念)。その上で経営管理面で先行管理として事業計画の策定と定期更新が必須です。
キーワードは、「事業計画」です。
企業再生(事業再生)は政府の重要な政策です。中小企業に対する窮境からの脱出支援は金融大臣談話(H24.11.1)を基に今後10~15年の「先送り」で進んでいます。事業計画書を出せば、銀行承認の許(もと)、債務超過でも一旦「融資対象」となります

企業再生で「生還」しませんか?
銀行の貸剥がし前に「1年以内に底堅い事業計画書」を提出する宣言をお願いします
 『弊社は何業が専門です。市内(地域)で一番の会社です!』
事業計画では「地域の第一人者へ!特化事業の底堅い目標」を御社の戦略理念に!
企業再生.com
Menu
TOP-PAGE
 ・「債務超過企業」の企業再生!
 ・事業計画書を出せば取敢えず「正常先」
 ・事業計画の要諦は「理念」
    それも「利益を生む現実的な理念」
企業再生の外科手術
 ・人体の外科手術(延命)と企業再生
  
 ○人体手術もヒトゲノム解析で激変する!
    ○企業再生の外科手術も方法論は開発された!
 事業計画書パッケージ
お問合せ先
 TOPICS
 ・経営者保証のガイドライン
公的支援の枠組み
 ・金融庁の銀行監督指針(御社の盾)
救済のスキーム(仕組み)
事業再生とは?
 ・「事業計画パッケージ」書面紹介
 ・事業計画策定まで3年稼げる!

 企業再生(事業再生)の手順
債務償還年数
 ・債務者区分との関係
 ・「資本割れ」のない場合
 ・「債務超過」の解消年数との関係
 企業再生の手法
 ・リスケ(リスケジュール)
 ・DDS
 ・DES
 ・銀行による債権放棄
 ・『第二会社方式』
 ・第二会社方式に係る詐害行為の回避
事業枠組み(フレームワーク)の再構築
・事業体制(システム)の再構築
・経営組織(システム)の再構築
・財務体系(システム)の再構築
事業計画書の法的効果(効き目)
事業計画書、二つの種類(説明)
事業再生局面の『事業計画』案内
 ・事業再生計画書
暫定リスケ用の『経営改善計画書』とは?
 ・暫定リスケとは
債務者区分(金融庁基準)
 銀行融資先の銀行による信用格付です
行内格付(銀行内規, 財務格付)
 金融庁基準との整合性がとれています
行内格付の手法
 銀行の内規手続きです
事業計画書の種類 (準備すべき書面)
 暫定リスケ向けと必達の計画向け
事業再生の必要書面(パッケージ)
 政策パッケージの補完をします
政策パッケージの概要(説明)
 パッケージ書面の種類
資金調達(銀行融資のイロハ)
銀行の融資審査
銀行取引推移表
企業再生テクニカルメニュー入口
テクニカルなメニュー群
法的整理の基礎整理(民事再生
 ・コストが掛りすぎる憂い
 ・債権の種類
 ・再生手続に伴うBS, P/L, CFへの影響
 新事業活動促進法
 ・経営革新を誘導する基本法
 ・産業構造変化対応の構造改革
セミナー情報