『企業再生』とは、
   文字は「企業・事業を再生すること」なのですが、
  意味内容は、「助かる企業は助け、助からない企業は、破産処理して戴く」と云う意味です。

   7,8年前、上場会社の「企業再生」が大々的に行われ、メガバンクも整理されました。
  今回は、その「中小企業版企業再生」法制が、走り出しました。期限は2013年から3年程です。
  だから、この法制(中小企業経営力強化支援法)を、何か「再生させて貰える」と考えると、
  大きな『勘違い』になってしまいます。

   中小企業向けの銀行融資で、「リスケ」した企業が、行内査定で「破綻懸念先」以下に区分
  されると、余程しっかり、融資返済の『出口戦略』を組まないと、3年後には、経済社会からの
  退場を余儀なくされる(破産処理等)が待って居ます。

支援機関とは、
  ・ 銀行融資を受けていない会社は、ご自分で資金繰りが回る限り、倒産しません。
  ・ 一方、銀行融資を受けた会社は、「リスケ」したか否かで、取扱いが異なります。
  ・ 「リスケ先」企業は、行内査定「要注意先」で、「単年度黒字」が出せる企業は、
   「その他の要注意先」として、融資銀行としては、「正常に近い貸出先」とみてくれます。
  ・ 「リスケ先」で「単年度黒字」が出せない会社は、謂わば「不良債権先」となり、銀行の
   有税引当の負担が急増します。
  ・ その支援のため、政府(金融庁)は弊社ら「認定支援機関」を設け、「実抜計画」等で、
   謂わば「死に掛け企業の生還」を計ることにしました
   (2012年8月「中小企業経営力強化支援法」に拠る)。
Copyright(C): 2013-, AACCX INC., e-mail: dogami@taxes.jp, All rights reserved.
企業再生?怖い政策なんだねえ!
企業再生 とは?
◆企業再生とは、  生きる力の『有無判定』!
企業再生って、生き延びることだよね!
2016年中に中小企業20万社が 「経済社会からの退場」を迫られます

Menu
 個別情報(総括メニュー)
 企業再生上のリスケハードル
 ・事業計画と経営計画の相違
 政府の狙い(法令の趣旨)
target of the support

 経営戦略とは
(経営資源の活用戦略)
 事業戦略とは
 1.Porter競争優位性の構築
 2.コスト削減の理論背景
 3. ヴァリューチェーン
 4.Porter競争優位性の維持
 5.Barney競争優位性の分析
環境分析(経営環境分析)
 1.環境分析

   ブルーオーシャン戦略
   マクロ環境分析
 2.SWOT分析
 3.3C分析
 4. ファイブフォース分析
 SiteMap
企業再生の質問は、どうぞ!
0120-01-6066

  アアクス堂上税理士事務所
 代表者(税理士) 堂上孝生(どうがみたかお)
 住所:〒135-0061東京都江東区豊洲5丁目5番1-3001号

            通称『認定支援機関』の認証内容

     平成25年4月26日 経営革新等支援機関として認定する。
     認定番号は、 ○経済産業省(中小企業庁)  20130411関東第6号
            ○財務省(金融庁)        関財金1第268号